【名曲紹介】FUJI ROCK2018 出演アーティストを紹介!! 第一弾はKENDRICK LAMAR , N.E.R.D , VAMPIRE WEEKEND , JACK JOHNSONがフジロック参戦!!

FUJI ROCK FESTIVAL 2018(フジロックフェスティバル2018)の 出演アーティスト

新潟県湯沢町の苗場スキー場で開催されている日本を代表するロック・フェスティバル FUJI ROCK FESTIVAL 2018(フジロックフェスティバル2018)の出演アーティスト第1弾が発表されました!!

今回も各界から豪華なゲストの参戦が予定されており、KENDRICK LAMAR(ケンドリック・ラマー)、VAMPIRE WEEKEND(ヴァンパイア・ウィークエンド)、JACK JOHNSON(ジャック・ジョンソン)など、豪華アーティストが多数参戦します。

といったことで、今回は2018年7月26日より3日間開催されるFUJI ROCK 2018(フジロック)の第一弾 出演アーティストを紹介します!!

出演アーティスト 第一弾

  • KENDRICK LAMAR(ケンドリック・ラマー)
  • N.E.R.D(エヌ・イー・アール・ディー)
  • SKRILLEX(スクリレックス)
  • VAMPIRE WEEKEND(ヴァンパイア・ウィークエンド)
  • CHVRCHES (チャーチズ)
  • JACK JOHNSON(ジャック・ジョンソン)
  • MGMT(エム・ジー・エム・ティー)
  • ODESZA(オデッザ)
  • YEARS & YEARS(イヤーズ&イヤーズ)
  • ANDERSON .PAAK & THE FREE NATIONALS (アンダーソン・パーク & フリーネーションズ)
  • CARLA THOMAS (カーラ・トーマス)
  • GREENSKY BLUEGRASS (グリーンスカイ・ブルーグラス)
  • HOTHOUSE FLOWERS (ホットハウス・フラワーズバンド)
  • JAMES BAY (ジェームズ・ベイ)
  • SUPERORGANISM (スーパーオーガニズム)
  • TUNE-YARDS (チューン・ヤーズ)
  • WESTERN CARAVAN(ウェスタン・キャラバン)

KENDRICK LAMAR(ケンドリック・ラマー)

KENDRICK LAMAR(ケンドリック・ラマー)FUJI ROCK FESTIVAL 2018(フジロックフェスティバル2018)

US Hip Hopシーンから、KENDRICK LAMAR(ケンドリック・ラマー)が参戦。

Rihanna(リアーナ)、Zacari(ザカリ)、u2など豪華アーティストが参加し、米アルバム・チャートで1位を獲得したアルバム「DAMN.」でも大きな話題を呼び、第60回のグラミーショーも5冠受賞した、今一番注目されているアーティストです。

Kendrick Lamar – LOYALTY. ft. Rihanna

犯罪都市Bompton(ボンプトン)ことカリフォルニア州コンプトン出身のKENDRICK LAMAR(ケンドリック・ラマー)。

彼が生み出すラップはギャングスタ ラップや、ドラッグの匂い漂うトリッピーなTrap Rapなどとは違い、彼が育った劣悪な環境、生い立ち、周囲に取り巻く問題など、社会性・メッセージ性の強い内容を伝えるリリカルなラップが高い評価を得ています。

Kendrick Lamar – M.A.A.D. City

2012年の作品 「m.A.A.d city」を聴いてもわかるように生まれた場所(地区)が違うだけで敵対し攻撃し合うコンプトン ギャングの実態や、KENDRICK LAMAR(ケンドリック・ラマー)の身内や友人が抗争の犠牲となった事実をラップにしています。

Kendrick Lamar – Alright

その他にも、ClubやBoiler Roomのアンセム化「Alright」やメロディアスでいて独特なリズムが特徴的な「 i 」も人気な作品です。

Kendrick Lamar – i

今回のFUJI ROCK(フジロック)では2013年以来、2回目の参戦です!!

N.E.R.D(エヌ・イー・アール・ディー)

N.E.R.D(エヌ・イー・アール・ディー)FUJI ROCK FESTIVAL 2018(フジロックフェスティバル2018)

聴く人をみんなハッピーにさせちゃうP先輩ことPharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)率いるN.E.R.D(エヌ・イー・アール・ディー)が参戦!

説明不要かとは思いますが、Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)、Chad Hugo(チャド・ヒューゴ)、Sheldon Haley(シェルドン・ヘイリー)の3名からなるアメリカのヒップホップ・ロックグループです。
2017年12月に7年ぶり5枚目となる待望のアルバム「Noone Ever Really Dies(ノーワン・エヴァー・リアリー・ダイズ)」をリリースした
N.E.R.D(エヌ・イー・アール・ディー)。

N.E.R.D & Rihanna – Lemon

Rihanna(リアーナ)をフィーチャーした「Lemon」。
この作品、Beyoncé(ビヨンセ)やMADONNA(マドンナ)のMVでも有名な制作会社 Good Company(グッド カンパニー)のScott Cudmore(スコット カドモア)と
Todd Tourso(トッド・トーソ)が指揮したことでも話題を呼び、SNSやオンライン上で競い合う「レモン・ダンス・チャレンジ」がブームなるなど話題を呼びました。

N.E.R.D, Kendrick Lamar – Don’t Don’t Do It!

今回FUJI ROCK 2018(フジロック)に参戦するKENDRICK LAMAR(ケンドリック・ラマー)をフィーチャーした作品もあり、もしかすると当日、同じステージでパフォーマンスが観れるかもしれませんね!

N.E.R.D. – Spaz

その他にも、過去の作品で話題を呼んだ作品が多数あるので、いくつか紹介いたします!!

そんなファン待望のN.E.R.D(エヌ・イー・アール・ディー)のライブステージをFUJI ROCK 2018(フジロック)で目にすることができます!!

SKRILLEX(スクリレックス)

SKRILLEX(スクリレックス)FUJI ROCK FESTIVAL 2018(フジロックフェスティバル2018)

エレクトロミュージック界の重鎮であり、ブロステップのパイオニア的存在でもあるSKRILLEX(スクリレックス)が、2013年以来のFUJI ROCK(フジロック)参戦!!
長髪に片方が剃り上げられたアシンメトリーな髪型がトレードマーク。

Skrillex & Poo Bear – Would You Ever

2017年7月にリリースされた売れっ子Poo Bear(プー・ベアー)との作品「Would You Ever」も相変わらずの人気で、Hairy longboardingことSepakumaを起用したキモ可愛いMVが話題となりました。

A$AP ROCKY – Wild For The Night

近年では、EDMに止まらずジャンルを超えたコラボレーションでも話題を呼んでいます。
中でも近年、Hip Hopシーンを賑わせているアーティストASAP Rocky(エイサップ・ロッキー)との作品「Wild For The Night」では、新感覚のCloud Rap(クラウド ラップ)とし話題を呼びました。

ASAP Rocky(エイサップ・ロッキー)が気になる人は、下記リンクをチャックしてみてください!

Skrillex & The Doors – Breakn’ A Sweat

フィーチャーゲストボーカルとしてなんと伝説のバンドThe Doors(ドアーズ)を迎えた作品「Breakn’ A Sweat」でも話題を呼び、曲の途中には60年代に録音されたJim Morrison(ジム・モリソン)のインタビュー音源が収録されるなど、デジタルミュージックとアナログミュージックの境界を超えた作品も人気です。

FUJI ROCK(フジロック)で、SKRILLEXのブロステップでみんなで飛び跳ねましょう!!

VAMPIRE WEEKEND(ヴァンパイア・ウィークエンド)

VAMPIRE WEEKEND Illust

ニューヨーク出身のロック・バンド VAMPIRE WEEKEND(ヴァンパイア・ウィークエンド)。

アフロポップに影響を受けたダンサブルなサウンドに人気があり、元トーキング・ヘッズのDavid Byrne(デヴィッド・バーン)の絶賛の実力派バンドがFUJI ROCK 2018(フジロック)参戦です!!
キャッチーでいてリズミカルな作品が多いVAMPIRE WEEKEND(ヴァンパイア・ウィークエンド)。
そんな彼らの楽曲をいくつか紹介いたします!

Vampire Weekend – Step

発売初週に13万4000枚を売り上げ、Billboard 200チャートで1位を獲得した3rdアルバムModern Vampires of the City(モダン・ヴァンパイアズ・オブ・ザ・シティの中からの1曲。カノン進行的なメロウなトラックに独特のテンポが特徴的なボーカルラインの聴き心地がたまらなくいい1曲「Vampire Weekend – Step」。

米ベイエリアHip Hopのアイコン的存在のSouls of Mischief(ソウルズ オブ ミスチーフ)の名曲「Step to my Girl」からインスパイアされたとされる名曲。

Vampire Weekend – ‘Cousins’

2010年に発売され4万以上売り上げた2ndアルバム Contra(コントラ)から、ダンサブルな1曲。

2016年に中心メンバーでもあったRostam Batmanglij(ロスタム・バトマングリ)の脱退降、事実上再始動となるVAMPIRE WEEKEND(ヴァンパイア・ウィークエンド)。また、彼らのパフォーマンスがFUJI ROCK(フジロック)で観れるなんて最高ですね!

CHVRCHES (チャーチズ)

CHVRCHES (チャーチズ)FUJI ROCK FESTIVAL 2018(フジロックフェスティバル2018)

可愛すぎるヴォーカルとしても話題のLauren Mayberry(ローレン・メイベリー)率いる英国グラスゴー出身のエレクトロポップ・バンドCHVRCHES (チャーチズ)も
FUJI ROCK(フジロック)参戦!!

CHVRCHES (チャーチズ)は、洗礼されたデジタルサウンドに透き通るようなクリアなLauren Mayberry(ローレン・メイベリー)の歌声が人気のバンド。

CHVRCHES – The Mother We Share

2012年に発表された公式デビューシングル「The Mother We Share」で存在を知った人も多いかと。

CHVRCHES – Get Out

先日、2年ぶりとなる新曲「Get Out」を発表しました。今回の作品は、Adele(アデル)、Lily Allen(リリー・アレン)、Beck(ベック)などの作品を手がけた
プロデューサーGreg Kurstin(グレッグ・カースティン)がプロデュースをしました。今までの作品とは、少し違った新しいCHVRCHES (チャーチズ)を感じることができます。

このタイミングで2年ぶりとなる新曲「Get Out」を発表したCHVRCHES (チャーチズ)。
おそらく、FUJI ROCK 2018(フジロック)が開催されるまで、まだ数曲の新曲が発表されることが予想されます。
よりパワーアップしたCHVRCHES (チャーチズ)に期待しましょう!!

JACK JOHNSON(ジャック・ジョンソン)

JACK JOHNSON(ジャック・ジョンソン)FUJI ROCK FESTIVAL 2018(フジロックフェスティバル2018)

ハワイ州オアフ島出身のシンガーソングライター JACK JOHNSON(ジャック・ジョンソン)
2014年以来のFUJI ROCK(フジロック)参戦!!

説明不要かとは思いますが、オーガニックでリラックスした空気感のサウンドが特徴のサーフミュージシャン。
昨年(2017年)に4年ぶりとなるニューアルバム「All The Light Above It Too(オール・ザ・ライト・アバブ・イット・トゥー)」をリリースしたJACK JOHNSON(ジャック・ジョンソン)。

Jack Johnson “My Mind Is For Sale”

Jack Johnson – If I Had Eyes

2008年にリリースされたアルバム 「Sleep Through the Static(スリープ・スルー・ザ・スタティック)」から1曲 「If I Had Eyes」。過去の作品を見ても安定のチル サウンドですね。

ハードロックやクラブサウンド少し疲れたら、JACK JOHNSON(ジャック・ジョンソン)で癒されましょう〜

その他の出演アーティスト

  • MGMT(エム・ジー・エム・ティー)
  • ODESZA(オデッザ)
  • YEARS & YEARS(イヤーズ&イヤーズ)
  • ANDERSON .PAAK & THE FREE NATIONALS (アンダーソン・パーク & フリーネーションズ)
  • CARLA THOMAS (カーラ・トーマス)
  • GREENSKY BLUEGRASS (グリーンスカイ・ブルーグラス)
  • HOTHOUSE FLOWERS (ホットハウス・フラワーズバンド)
  • JAMES BAY (ジェームズ・ベイ)
  • SUPERORGANISM (スーパーオーガニズム)
  • TUNE-YARDS (チューン・ヤーズ)
  • WESTERN CARAVAN(ウェスタン・キャラバン)

なお、第一弾アーティストをまとめた記事を読みたい方は、
下記リンクをクリックしてください!

というわけで

今回は、新潟県湯沢町の苗場スキー場で開催されている日本を代表するロック・フェスティバル FUJI ROCK FESTIVAL 2018(フジロックフェスティバル2018)の第1弾 出演アーティストを特集してみました!!

第2弾の出演アーティストが発表された際には、また、特集したいと思います!!