Childish Gambino(チャイルディッシュ ガンビーノ)の正体とは!? 名前の意味、MV監督、名曲などDIGってみました!!

Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)

衝撃的なMV「This is America」でも話題の、最近やたらと注目される
Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)

ラッパー!? 俳優!? コメディアン!?謎多きChildish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)の正体とは!?
衝撃的な映像かつ、痛烈に社会を風刺したChildish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)のパフォーマンスは、
観る人、聴く人を虜にさせる。
そんな大人気のChildish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)をDIGってみやしょう!!

Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)とは

役者、コメディアン、作家、ディレクター、音楽プロデューサー、ラッパー、DJと様々な肩書きを持ちマルチに活躍するChildish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)

本名Donald McKinley Glover Jr(ドナルド・マッキンリー・グローヴァーJr)。
1983年9月25日生まれ、Wikiペディア情報によると、カリフォルニア州の東部にあるアメリカ空軍の基地「エドワーズ空軍基地」で生まれたとのこと。
そんなChildish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)ですが、この特徴的な名前はあくまでも音楽アーティストとしてのステージネームであり、本業である役者業では、本名Donald Glover(ドナルド・グローヴァー)として活動してます。

俳優 Donald Glover(ドナルド・グローヴァー)としての活動

そんなChildish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)が初めて世の中に登場したのは、彼がまだニューヨーク大学に在学中の時で、最初の作品は人気スケッチコメディー「Derrick Comedy(デリックコメディ)」でした。
その他にも俳優としては、様々な作品に出演していて、2017年に公開されたスパイダーマン ホームカミングや、2018年にはスター・ウォーズ シリーズの「ハン・ソロ」。
2019年には、映画ライオンキングのシンバ役で声優としても参加するようですw

アーティスト Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)としての活動

音楽アーティストとしての活動としては、自主制作アルバムや、ミックステープをいくつかリリースしたのち、
2011年に、Chvrches(チャーチズ)などが所属するニューヨークのレーベル、Glassnote Records(グラスノート・レコード)と契約を結びます。
そして、ファースト アルバムとなる「Camp(キャンプ)」を同年 11月にリリースし、大きな話題を呼びました。

彼が発表する様々な楽曲の中でも、2016年にリリースされた「Redbone」に関しては、Billboard Hot 100で12位にランクするなど、俳優業のみならず音楽界でも人気を得ています。

そして、2018年にリリースされた衝撃の作品「This is America」。
痛烈にまで現代のアメリカが抱える問題を風刺した本作品は、5月14日付Billboard Hot 100チャートで1位を記録を達成し、メディア、
SNS、様々な媒体で大きな話題を呼びました。

Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)の名前の意味・由来とは

アメリカNBCで放送されているトーク番組 The Tonight Show(ザ・トゥナイト・ショー)に出演した際に、
Jimmy Fallon(ジミー・ファロン)のインタビューで、Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)の名前の由来について語っています。

大学時代、友人と酒を飲みまったりしている時に、その当時流行っていたMSN用の名前を生成できるオンライン ジェネーレーター「 Wu-Tang Clan Name Generator」に自分たちの名前を入れどのようなニックネームが生成されるかを試し楽しんでいたところ、
Donald Glover(ドナルド・グローヴァー)が自分の名前を入れてみると、そのジェネレーターから生成された名前は「Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)」だった。とのことです。

周囲は、そのなんとも言えないニックネームに笑っている最中、Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)だけは、
直感的に、この名前は自分にぴったりだ!と感じたようです。

というように、彼が命名した明確な意味はないようで、まさかのオンライン ジェネレーターから生成された名前をそのまま使用しているようです、、、

ちなみに、実際に「 Wu-Tang Clan Name Generator」にて、Donald Glover(ドナルド・グローヴァー)の名前でニックネームを生成してみましたが、本当にChildish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)の名前が生成されましたw

▼ Wu-Tang Clan Name Generator
http://www.mess.be/inickgenwuname.php

Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)が携わった映画作品

まずは、Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)が、
Donald Glover(ドナルド・グローヴァー)として、どのような作品に出演しているのか、
代表的な作品をいくつかDIGってみましょう。

Derrick Comedy(デリックコメディ)

まずはChildish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)
最初に世の中に登場した作品人気コメディー「Derrick Comedy」。
Video sketchesコメディーとして、ニューヨーク大学の面々が演じる作品。

The Muppets(ザ・マペッツ) : 2011


みんな大好きDisnyの人気人形劇 「ザ・マペッツ」。
本作品では、Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)はカメオ参加してますw
YOTUBEで調べれば出演シーンが見れるかと思うので、気になるひとはチェックしちゃってください!

The Lazarus Effect(ラザロ・エフェクト) : 2015

上記で紹介した 「ザ・マペッツ」とは、打って変わって2015年に公開されたホラー映画
「The Lazarus Effect」。本作品では、ニコ役として参加しており、コメディアン色ゼロの
シリアスな演技を観ることができます。

オデッセイ The Martian (2015)

Ridley Scott(リドリー・スコット)監督、Matt Damon(マット・デイモン)主演、
2015年に大きな話題をよんだSF大作、オデッセイに出演しています。
火星に一人置き去りにされた宇宙飛行士の生存をかけた孤独な奮闘と描いた本作品では、
Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)はリッチ・パーネル役として出演しています。

スパイダーマン:ホームカミング Spider-Man: Homecoming (2017)

アーロン・デイヴィス役として参戦。
監督はジョン・ワッツ、主演はトム・ホランドの『スパイダーマン』。
実写映画化作品としては第6作目となり、再始動した新シリーズの第1作目となる本作品では、
凶悪だけどどこか憎めない悪役を演じています。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー : 2018

説明不要の大人気作品、スター・ウォーズ シリーズより、「アンソロジー・シリーズ」の第2作目となるスピンオフ作品。

監督はロン・ハワードが務め、主演はオールデン・エアエンライク。
若かれしころのハン・ソロと相棒チューバッカの冒険を描いた感動間違いなしのこの作品に、
Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)はランド・カルリジアン役を演じています。
Billy Dee Williams(ビリー・ディー・ウィリアムズ)が過去に演じたランド・カルリジアンだけに、ハードルは上がりますが、期待大ですね!

大人気コメディードラマ Atlanta(アトランタ)

Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)と言ったらやはりこのドラマですよね。
Atlanta(アトランタ)!
梲の上がらない男が新人ラッパーのマネージャーに!?
ゴールデングローブ賞受賞&エミー賞多部門でノミネートを受けた話題作、
ヒロムライ氏とDonald Glover(ドナルド・グローヴァー)の安定のコンビから生み出される映像美と、新感覚のコメディアン&ラッパーコメディ・ドラマの形!

Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)の人気曲

R.I.P – Childish Gambino(Ft. Bun B)

スムーズなニュー・ウェーヴ感ある電子音が聴き心地の良い1曲。
テキサス出身 元UGKのメンバーだったBun Bをフィーチャーした作品。

この曲は、映画「ラ・ラ・ランド」でも有名な俳優Ryan Gosling(ライアン・ゴズリング)が主演する映画「Drive(ドライブ)」の
オープニングトラックとして起用されたことでも話題になりましたね。

The Worst Guys(Feat. Chance The Rapper) – Childish Gambino

曲中にループされ耳に残る「All she needed was some」のフレーズと
なんとも気持ちいい軽快なトラック。
Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)が仲間と海で遊ぶ自然体なMVが特徴的な1曲。
みんな大好きChance The Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)をフィーチャーした作品です。

Sober – Childish Gambino

Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)の美声がなんともたまらない一曲。
本作品のMVは、MTV U Woodies Awardで、Best Video Woodieを獲得しました。
このMVの監督を務めるのは、This is Americaと同様 ヒロ ムライ氏。

Heartbeat – Childish Gambino

2011年にリリースされたアルバム Campからの1曲。
綺麗なピアノリフから始まり聴き心地の良いChildish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)のスムース ラップが続く。曲の中盤からはザラついた音が加わりEDM調のトラックに変わる展開を楽しめる一曲。

This is America – Childish Gambino

この作品に対して、Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)は、
インタビューの時に「This is America」に込められた思いを聞かれていましたが、
「ただ聴くだけでいい、それだけでいい。」と語っていましたw

この衝撃的なMVをディレクションしたのは、東京生まれLA育ちの日本人 フィルムディレクターのヒロ ムライ氏。
マーベル初のTVドラマ作品として話題となった「レギオン」の第6話で監督を務め、今最も注目を浴びている映像監督の1人であるヒロ・ムライ氏。人気ドラマ Atlantaからの名コンビから生み出されるこのMVは刺激が強すぎるが癖になる作品。


ヒロ ムライさんのWebサイト:http://hiromurai.com/

といった感じで

といった感じで、今話題のChildish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)こと
Donald Glover(ドナルド・グローヴァー)をDIGってみました!

プロファイル、出演作品、名前の由来、人気曲などをDIGってみると、
色々と予想外の情報も出てきたので、面白かったです。

Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)の今後の活躍に期待ですね!